検索 分類 場所 概要 連絡

ダイズ

ダイズ.jpg

学名: Glycine max

コメント

様々に形を変えて食卓を彩る、マメ科の植物です。日本の家庭料理には醤油、みそ、油揚げ、豆腐など、幅広く利用されています。若いうちに収穫したものはエダマメとして利用されます。


階級(簡略版)

階級 名前
マメ目 (25種)
マメ科 (25種)
ダイズ属 (1種)

階級(詳細版)

上界: 真核生物, 界: 緑色植物亜界, 門: ストレプト植物, 亜門: Streptophytina, 目: マメ目, 科: マメ科, 亜科: Papilionoideae, 族: Phaseoleae, 属: ダイズ属, 亜属: 総社


生息場所1

建て物の周辺


栄養(STFC)

日本食品標準成分表2015に基づいた栄養データです。

だいず-[その他]-テンペ-

100 g中:

カロリー: 202 kcal

栄養 含有率 重量(g)
タンパク質 ██ 15
脂質 9
炭水化物 ██ 15
ミネラル 2

栄養(USDA)

アメリカ合衆国農務省(USDR: United States Department of Agriculture)が発表した栄養データです。 2016年に発表されたデータを掲載しています。

SOYBEANS,GREEN,RAW

100 g中:

カロリー: 147 kcal

栄養 含有率 重量(g)
タンパク質 ██ 12
脂質 6
炭水化物 ██ 11
ミネラル 1

生理活性化合物 2

化合物名 機能
トランス - ゼアチン 分化刺激(二次木部繊維)。老化遅延(葉)。さや形成亢進。細胞分裂刺激。開花を誘導。師部再生増加。成長促進(初期胚)。拡大成長誘導(葉)。軸を発芽の成長のアブシジン酸の阻害を逆転。細胞サイズ・数の増加(頂端分裂組織)。側芽形成をエンハンサー。種子発芽亢進。気孔の開口部を促進。果実黒化亢進
9-Ribosylzeatin 老化遅延(葉)。さや形成亢進。細胞分裂刺激。師部再生増加。成長促進(初期胚)。拡大成長誘導(葉)。側芽形成をエンハンサー。種子発芽亢進。気孔の開口部を促進
GA1 伸長誘導(上胚軸)。糊粉で展示α-アミラーゼ活性。葉鞘伸長誘導。胚軸伸長誘導
GA19 葉鞘伸長誘導
スクロース 粘滑剤。防腐剤。角膜浮腫の低減。甘味料。抗酸化。創傷治癒に使用。しゃっくりの治療。造粒剤。コーティング(錠剤・賦形剤)
カフェー酸 染色体異常誘発。抗酸化。性腺刺激ホルモン放出を阻害。プロスタグランジン誘導に影響。抗真菌。DNA結合に影響。抗微生物。in vitroでの血小板凝集を阻害します。抗炎症剤。抗潰瘍。抗ウイルス。抗肝毒性。鎮痛薬
2- carboxyarabinitol 1リン酸 昼行性調節。光合成酵素の強力な阻害剤は、1,5-ビスリン酸カルボキシラーゼをリブロース
Glyceollin III フィトアレキシン・インデューサー(窒素固定細菌)
ホルモノネチン フィトアレキシン・インデューサー(窒素固定細菌)。アレロパシー。脂質低下。抗真菌
( - ) - グリシノール 抗真菌
ナリンゲニン 鎮痙。ヒスチジン脱炭酸酵素を阻害。根粒形成遺伝子の発現誘導(エンドウ)。抗真菌。セロトニン分泌を阻害。フィトアレキシン・インデューサー(窒素固定細菌)。抗過酸化。抗菌。抗潰瘍。血小板凝集を阻害。抗肝毒性
( - ) - glyceollin I フィトアレキシン・インデューサー(窒素固定細菌)。抗真菌。抗微生物。単離されたミトコンドリア内の電子伝達を阻害します。毒性
スペルミジン 胞子の発芽を阻害。生化学研究ツール。生長調節
GA20 葉鞘伸長誘導。胚軸伸長誘導
ゲニスチン 生長抑制(子葉鞘:in vitro)
ビテキシン 阻害剤(強:甲状腺ペルオキシダーゼ)。抗甲状腺。誘引(花粉媒介者)
シアニジン3-O-グルコシド 赤色顔料。誘引(花粉媒介者)。成長阻害剤(幼虫)
トリゴネリン 芳香成分の重要な前駆体。低血糖
afrormosin 抗真菌
クメストロール エストロゲン活性。ペルオキシダーゼ活性の非競合的阻害剤。抗真菌
ソヤサポゲノールB 吸器形成促進
カダベリン 皮膚刺激性と感作性。低濃度で植物の成長の刺激剤としての行為。毒性
ジャスモン酸 光合成を阻害。根の伸長を阻害。落葉促進。花芽形成誘導。種子の発芽を阻害。根形成誘導。RubisCO分解誘導。側芽形成阻害。不定芽形成促進。老化刺激(果実)。POLEN発芽を阻害。気孔の閉鎖を促進。種子発芽亢進。オープニングpulvinuloを阻害。伸長成長を阻害。根の形成を誘導または阻害します。呼吸誘導
Glyceollin II 抗微生物。単離されたミトコンドリア内の電子伝達を阻害します。フィトアレキシン・インデューサー(窒素固定細菌)。抗真菌
ダイゼイン7-O-グルコシド アレロパシー
Aビオチャニン アレロパシー。エストロゲン活性。脂質低下
sojagol エストロゲン活性。抗真菌

各種文献情報

食性

  • 害虫は318種にもおよぶ(2007年時点)。3 m
  • アルゼンチンでは、カエルが様々なダイズの害虫(食草性節足動物)を捕食しており、害虫密度の抑制に貢献していると考えられている。3 m

披食性


部位

説明 画像
ダイズ-部位-種-2
ダイズ-部位-種

料理

説明 画像
あべかわ餅 ダイズ-料理-あべかわ餅
いなり寿司 ダイズ-料理-いなり寿司
おからせんべい ダイズ-料理-おからせんべい
もやしのナムル ダイズ-料理-もやしのナムル
ゆで枝豆 ダイズ-料理-ゆで枝豆
アサリのスンドゥブ ダイズ-料理-アサリのスンドゥブ
カキのスンドゥブ ダイズ-料理-カキのスンドゥブ
厚揚げとタコ天の煮物 ダイズ-料理-厚揚げとタコ天の煮物
味噌 ダイズ-料理-味噌
油揚げ味噌汁 ダイズ-料理-油揚げ味噌汁
湯豆腐 ダイズ-料理-湯豆腐
納豆 ダイズ-料理-納豆-2
納豆 ダイズ-料理-納豆
麻婆豆腐 ダイズ-料理-麻婆豆腐-2
麻婆豆腐 ダイズ-料理-麻婆豆腐
黒豆 ダイズ-料理-黒豆
黒豆の煮豆 ダイズ-料理-黒豆の煮豆

種-同じ科

説明 画像
インゲンマメ インゲンマメ-部位-種
ソラマメ ソラマメ-部位-種
ダイズ ダイズ-部位-種


  1. (国土交通省が発表している「土地利用細分メッシュデータ」に基づいた生息場所です。 平成26年度版の情報に基づきます。 その土地利用区分内に発生することを保証するものではありません。 また、食料品・園芸・工芸品・加工品としての観察も含まれているため、自然下における観察状況とは異なる場合があります。) ↩︎

  2. knapsack doi: 10.1093/pcp/pcr165 ↩︎

  3. 日本応用動物昆虫学会誌,2007,51,103–106,doi:10.1303/jjaez.2007.103 ↩︎

  4. 環動昆,2016,27,81-87,doi:10.11257/jjeez.27.81 ↩︎


最終更新: 2020-04-10