検索 分類 場所 概要 連絡

ヤマハギ

ヤマハギ.jpg

学名: Lespedeza bicolor

コメント

マメ科の植物です。夏から秋にかけて、ピンク色の花を咲かせます。ミヤコグサなどの他のマメ科と同じように、独特な形をした離弁花をつけます。


階級(簡略版)

階級 名前
マメ目 (25種)
マメ科 (25種)
ハギ属 (2種)

階級(詳細版)

上界: 真核生物, 界: 緑色植物亜界, 門: ストレプト植物, 亜門: Streptophytina, 目: マメ目, 科: マメ科, 亜科: Papilionoideae, 族: Desmodieae, 属: ハギ属


生息場所1

空き地、川・池、田んぼ、線路の周辺


生理活性化合物 2

化合物名 機能
メチルCaffee 抗真菌(サルコーマ180)。抗菌(弱)
プロトカテク酸 心筋虚血症の改善。抗炎症。心筋酸素消費量の減少。抗真菌。成長を阻害します。抗肝毒性。プロスタグランジン合成刺激
ブフォテニン 幻覚。不安や知覚障害を含む他の精神作用を引き起こします。自律神経増強
カフェー酸 染色体異常誘発。抗酸化。性腺刺激ホルモン放出を阻害。プロスタグランジン誘導に影響。抗真菌。DNA結合に影響。抗微生物。in vitroでの血小板凝集を阻害します。抗炎症剤。抗潰瘍。抗ウイルス。抗肝毒性。鎮痛薬
イソオリエンチン フィトアレキシン・インデューサー(窒素固定細菌)。誘引(花粉媒介者)

部位

説明 画像
ヤマハギ-部位-花
ヤマハギ-部位-葉

葉-同じ科

説明 画像
アレチヌスビトハギ アレチヌスビトハギ-部位-葉
エンジュ エンジュ-部位-葉
エンドウ エンドウ-部位-葉
クズ クズ-部位-葉
コメツブウマゴヤシ コメツブウマゴヤシ-部位-葉
コメツブツメクサ コメツブツメクサ-部位-葉
シロツメクサ シロツメクサ-部位-葉
ソラマメ ソラマメ-部位-葉
ナヨクサフジ ナヨクサフジ-部位-葉
ネムノキ ネムノキ-部位-葉
ハナズオウ ハナズオウ-部位-葉
ミヤコグサ ミヤコグサ-部位-葉
ムラサキツメクサ ムラサキツメクサ-部位-葉
メドハギ メドハギ-部位-葉
モモイロシロツメクサ モモイロシロツメクサ-部位-葉
ヤハズエンドウ ヤハズエンドウ-部位-葉
ヤマハギ ヤマハギ-部位-葉

花-同じ科

説明 画像
アメリカデイゴ アメリカデイゴ-部位-花
アレチヌスビトハギ アレチヌスビトハギ-部位-花
クズ クズ-部位-花
コメツブウマゴヤシ コメツブウマゴヤシ-部位-花
コメツブツメクサ コメツブツメクサ-部位-花
シロツメクサ シロツメクサ-部位-花
ナヨクサフジ ナヨクサフジ-部位-花
ハナズオウ ハナズオウ-部位-花
ミヤコグサ ミヤコグサ-部位-花
ムラサキツメクサ ムラサキツメクサ-部位-花
メドハギ メドハギ-部位-花
モモイロシロツメクサ モモイロシロツメクサ-部位-花
ヤハズエンドウ ヤハズエンドウ-部位-花
ヤマハギ ヤマハギ-部位-花


  1. (国土交通省が発表している「土地利用細分メッシュデータ」に基づいた生息場所です。 平成26年度版の情報に基づきます。 その土地利用区分内に発生することを保証するものではありません。 また、食料品・園芸・工芸品・加工品としての観察も含まれているため、自然下における観察状況とは異なる場合があります。) ↩︎

  2. knapsack doi: 10.1093/pcp/pcr165 ↩︎


最終更新: 2020-04-10