検索 分類 場所 概要 連絡

シロツメクサ

シロツメクサ.jpg

学名: Trifolium repens

コメント

公園や広場に広く生えている、シャジクソウ属の植物です。四葉のクローバーといえばこの種を示します。似ている種にムラサキツメクサがいますが、ムラサキツメクサのほうが葉がとがっています。


階級(簡略版)

階級 名前
マメ目 (25種)
マメ科 (25種)
シャジクソウ属 (4種)

階級(詳細版)

上界: 真核生物, 界: 緑色植物亜界, 門: ストレプト植物, 亜門: Streptophytina, 目: マメ目, 科: マメ科, 亜科: Papilionoideae, 族: Trifolieae, 属: シャジクソウ属


生息場所1

道路、公共施設、工場、空き地、川・池、建て物の周辺


外来種の情報

状況 法律 アラート 備考
現在定着(推定含む) -

(国内外来種の情報を含みます)


生理活性化合物 2

化合物名 機能
ミリセチン 抗性腺刺激ホルモン(強)。NADHオキシダーゼを阻害。succinoxidaseを阻害。delta5-リポキシゲナーゼを阻害。抗微生物。腹腔マクロファージにイオノフォア誘発性アラキドン酸放出および代謝を阻害
GA9 老化遅延(葉)。葉鞘伸長誘導。胚軸伸長誘導
triacontan -1-オール 植物生長調整
vestitone 抗真菌
7,4'-ジヒドロキシ フィトアレキシン・インデューサー(窒素固定細菌)
lotaustralin リナマリン様活性。毒性
Medicarpin フィトアレキシン・インデューサー(窒素固定細菌)。抗真菌
GA1 伸長誘導(上胚軸)。糊粉で展示α-アミラーゼ活性。葉鞘伸長誘導。胚軸伸長誘導
GA19 葉鞘伸長誘導
ゲニステイン リパーゼ活性を阻害。アレロパシー。エストロゲン活性。抗真菌。フィトアレキシン・インデューサー(窒素固定細菌)。競争的ペルオキシダーゼ活性を阻害
GA4 伸長誘導(上胚軸)。糊粉で展示α-アミラーゼ活性。葉鞘伸長誘導。胚軸伸長誘導
slafra鉱山 流涎症(シロツメクサ:黒カビ病)。治療候補(嚢胞性線維症)。副交感神経興奮薬(強)
GA20 葉鞘伸長誘導。胚軸伸長誘導
Xenognosin B 吸器形成促進
リナマリン 毒性
クメストロール エストロゲン活性。ペルオキシダーゼ活性の非競合的阻害剤。抗真菌

各種文献情報

利用

  • エタノールで花から抽出し(室温、48時間×3回)蒸発させた全抽出物は、1gあたり79.2 mgのクロロゲン酸と、19.4 mgのケルセチン(当量)が得られた。3
  • α-アミラーゼを阻害する (IC50 25.0μg/ mL)ため、食後高血糖の低下に寄与することが示唆された。3

開花

  • 花期は3~10月。4 m

部位

説明 画像
シロツメクサ-部位-花
シロツメクサ-部位-葉

葉-同じ科

説明 画像
アレチヌスビトハギ アレチヌスビトハギ-部位-葉
エンジュ エンジュ-部位-葉
エンドウ エンドウ-部位-葉
クズ クズ-部位-葉
コメツブウマゴヤシ コメツブウマゴヤシ-部位-葉
コメツブツメクサ コメツブツメクサ-部位-葉
シロツメクサ シロツメクサ-部位-葉
ソラマメ ソラマメ-部位-葉
ナヨクサフジ ナヨクサフジ-部位-葉
ネムノキ ネムノキ-部位-葉
ハナズオウ ハナズオウ-部位-葉
ミヤコグサ ミヤコグサ-部位-葉
ムラサキツメクサ ムラサキツメクサ-部位-葉
メドハギ メドハギ-部位-葉
モモイロシロツメクサ モモイロシロツメクサ-部位-葉
ヤハズエンドウ ヤハズエンドウ-部位-葉
ヤマハギ ヤマハギ-部位-葉

花-同じ科

説明 画像
アメリカデイゴ アメリカデイゴ-部位-花
アレチヌスビトハギ アレチヌスビトハギ-部位-花
クズ クズ-部位-花
コメツブウマゴヤシ コメツブウマゴヤシ-部位-花
コメツブツメクサ コメツブツメクサ-部位-花
シロツメクサ シロツメクサ-部位-花
ナヨクサフジ ナヨクサフジ-部位-花
ハナズオウ ハナズオウ-部位-花
ミヤコグサ ミヤコグサ-部位-花
ムラサキツメクサ ムラサキツメクサ-部位-花
メドハギ メドハギ-部位-花
モモイロシロツメクサ モモイロシロツメクサ-部位-花
ヤハズエンドウ ヤハズエンドウ-部位-花
ヤマハギ ヤマハギ-部位-花


  1. (国土交通省が発表している「土地利用細分メッシュデータ」に基づいた生息場所です。 平成26年度版の情報に基づきます。 その土地利用区分内に発生することを保証するものではありません。 また、食料品・園芸・工芸品・加工品としての観察も含まれているため、自然下における観察状況とは異なる場合があります。) ↩︎

  2. knapsack doi: 10.1093/pcp/pcr165 ↩︎

  3. Foods,2015,4,338-348,doi:10.3390/foods4030338 ↩︎

  4. 理科教育学研究,2017,58,81-88,doi:10.11639/sjst.16057 ↩︎


最終更新: 2020-04-10