トップ(検索) about 分類 テーマ 規約 連絡

ツワブキ

ツワブキ.jpg

学名: Farfugium japonicum

コメント

園芸用にも育てられる、ツワブキ属の植物です。光沢のある、丸くて大きい葉をもちます。フキに似ていますが、その光沢のある葉で見分けられます。食用にもなるようです。


階級(簡略版)

階級 名前
キク目 (54種)
キク科 (52種)
ツワブキ属 (1種)

階級(詳細版)

上界: 真核生物, 界: 緑色植物亜界, 門: ストレプト植物, 亜門: Streptophytina, 目: キク目, 科: キク科, 亜科: 野菊, 族: Senecioneae, 属: ツワブキ属


生息場所1

公共施設、工場、空き地、川・池、建て物、農地の周辺


栄養(STFC)

日本食品標準成分表2015に基づいた栄養データです。

つわぶき-葉柄-ゆで-

100 g中:

カロリー: 16 kcal

栄養 含有率 重量(g)
タンパク質 0
脂質 0
炭水化物 4
ミネラル 0

生理活性化合物 2

化合物名 機能
senkirkine 変異原(培養細胞)。変異原(染色体)。肝臓がん誘発

各種文献情報

生態

  • 多年生。3 m

効能

  • 韓国では精油が民間薬として解熱、湿疹、咳、裂傷、気管支炎などの治療に用いられる。3 m
  • 抗炎症作用がある一方で、細胞毒性は小さい。3 m

分布

  • 日本、中国、韓国に分布する。栽培は世界中で行われている。3 m

料理

  • 葉柄を食べるが、葉身は一般的には食べられていない。4
  • 葉身はアクが強い。4

各種文献テーブル

精油の成分3

ツワブキに含まれる精油の成分

  • ツワブキには抗炎症作用がある。
  • 1-モネン、1-ウンデセン、ベータカリオフィレンなどが含まれる。
含有物質
トルエン
1-ノネン
アルファピネン
サビネン
1-デセン
1-ウンデセン
アルファコパエン
ベータクベベン
ベータカリオフィレン
アルファカリオフィレン
ゲルマクレンD
ベータセリネン
エレモフィレン
ガンマクルクメン
アルファムウロレン
カリオフィレン酸
ジエチルフタレート

部位

説明 画像
がく ツワブキ-部位-がく
つぼみ ツワブキ-部位-つぼみ
綿毛 ツワブキ-部位-綿毛
ツワブキ-部位-花-拡大
ツワブキ-部位-花
ツワブキ-部位-茎
ツワブキ-部位-葉

葉-同じ科

説明 画像
アイノゲシ アイノゲシ-部位-葉
アイノコセンダングサ アイノコセンダングサ-部位-葉
アメリカオニアザミ アメリカオニアザミ-部位-葉
アメリカセンダングサ アメリカセンダングサ-部位-葉
アメリカタカサブロウ アメリカタカサブロウ-部位-葉
アレチノギク アレチノギク-部位-葉
イソギク イソギク-部位-葉
ウスベニチチコグサ ウスベニチチコグサ-部位-葉
ウラジロチチコグサ ウラジロチチコグサ-部位-葉
オオアレチノギク オオアレチノギク-部位-葉
オオオナモミ オオオナモミ-部位-葉
オオキンケイギク オオキンケイギク-部位-葉
オオジシバリ オオジシバリ-部位-葉
オオハルシャギク オオハルシャギク-部位-葉
オオブタクサ オオブタクサ-部位-葉
カラクサシュンギク カラクサシュンギク-部位-葉
カントウタンポポ カントウタンポポ-部位-葉
キク キク-部位-葉
キクイモ キクイモ-部位-葉
キバナコスモス キバナコスモス-部位-葉
コセンダングサ コセンダングサ-部位-葉
シュンギク シュンギク-部位-葉
シロタエギク シロタエギク-部位-葉
セイタカアワダチソウ セイタカアワダチソウ-部位-葉
セイヨウタンポポ セイヨウタンポポ-部位-葉
ツワブキ ツワブキ-部位-葉
トゲヂシャ トゲヂシャ-部位-葉
ノゲシ ノゲシ-部位-葉
ノボロギク ノボロギク-部位-葉
ハキダメギク ハキダメギク-部位-葉
ハハコグサ ハハコグサ-部位-葉
ハルシャギク ハルシャギク-部位-葉
ハルジオン ハルジオン-部位-葉
ヒマワリ ヒマワリ-部位-葉
ヒメジョオン ヒメジョオン-部位-葉
ヒメムカシヨモギ ヒメムカシヨモギ-部位-葉
フキ フキ-部位-葉
マメカミツレ マメカミツレ-部位-葉
マーガレットコスモス マーガレットコスモス-部位-葉
ミツバオオハンゴンソウ ミツバオオハンゴンソウ-部位-葉
ヨメナ ヨメナ-部位-葉
ヨモギ ヨモギ-部位-葉

花-同じ科

説明 画像
アイノゲシ アイノゲシ-部位-花
アイノコセンダングサ アイノコセンダングサ-部位-花
アキノノゲシ アキノノゲシ-部位-花
アメリカオニアザミ アメリカオニアザミ-部位-花
アメリカセンダングサ アメリカセンダングサ-部位-花
アメリカタカサブロウ アメリカタカサブロウ-部位-花
アレチノギク アレチノギク-部位-花
イソギク イソギク-部位-花
ウラジロチチコグサ ウラジロチチコグサ-部位-花
オオオナモミ オオオナモミ-部位-花
オオキンケイギク オオキンケイギク-部位-花
オオジシバリ オオジシバリ-部位-花
オオハルシャギク オオハルシャギク-部位-花
カミツレモドキ カミツレモドキ-部位-花
カラクサシュンギク カラクサシュンギク-部位-花
カントウタンポポ カントウタンポポ-部位-花
キク キク-部位-花
キクイモ キクイモ-部位-花
キバナコスモス キバナコスモス-部位-花
コセンダングサ コセンダングサ-部位-花
シロタエギク シロタエギク-部位-花
セイタカアワダチソウ セイタカアワダチソウ-部位-花
セイヨウタンポポ セイヨウタンポポ-部位-花
ツワブキ ツワブキ-部位-花
ノゲシ ノゲシ-部位-花
ノボロギク ノボロギク-部位-花
ハキダメギク ハキダメギク-部位-花
ハナグルマ ハナグルマ-部位-花
ハハコグサ ハハコグサ-部位-花
ハルシャギク ハルシャギク-部位-花
ハルジオン ハルジオン-部位-花
ヒマワリ ヒマワリ-部位-花
ヒメジョオン ヒメジョオン-部位-花
ヒメムカシヨモギ ヒメムカシヨモギ-部位-花
フキ フキ-部位-花
ブタナ ブタナ-部位-花
マメカミツレ マメカミツレ-部位-花
マーガレットコスモス マーガレットコスモス-部位-花
ミツバオオハンゴンソウ ミツバオオハンゴンソウ-部位-花
モクシュンギク モクシュンギク-部位-花
ヨメナ ヨメナ-部位-花
ヨモギ ヨモギ-部位-花

綿毛-同じ科

説明 画像
アイノゲシ アイノゲシ-部位-綿毛
アメリカオニアザミ アメリカオニアザミ-部位-綿毛
アレチノギク アレチノギク-部位-綿毛
セイヨウタンポポ セイヨウタンポポ-部位-綿毛
ツワブキ ツワブキ-部位-綿毛
ノゲシ ノゲシ-部位-綿毛


  1. (国土交通省が発表している「土地利用細分メッシュデータ」に基づいた生息場所です。 平成26年度版の情報に基づきます。 その土地利用区分内に発生することを保証するものではありません。 また、食料品・園芸・工芸品・加工品としての観察も含まれているため、自然下における観察状況とは異なる場合があります。) ↩︎

  2. knapsack doi: 10.1093/pcp/pcr165 ↩︎

  3. Journal of Oleo Science,2008,57,623-628,doi:10.5650/jos.57.623 ※「m」がついているものは孫引きした箇所です。 ↩︎

  4. 日本食品工業学会誌,1985,32,120-123,doi:10.3136/nskkk1962.32.2_120 ↩︎


最終更新: 2020-04-10